【帯広CRAVE美容室】口コミで評判のトリートメントやナチュラルな縮毛矯正が人気の美容室♪

【大人の美髪サロン】今よりもっと艶やかで美しい髪へ

*

楽して可愛くなりたいならデジタルパーマ♪~気になる傷みや持ちもわかりやすく解説~

      2020/03/29

「毎朝コテやアイロンを使うのが大変」
「デジタルパーマに興味がある」
「スタイリングを簡単にしたいけど過去にパーマで失敗してる」
「パーマかけたら老けたって言われたことがある」
「傷むのが気になって一歩を踏み出せない」

はい、今日も昨日も明日も日本の美容室のどこかでは聞こえてくるのではないでしょうか。

美容室では昔からの定番すぎる定番メニューの一つであるパーマ。
その中のデジタルパーマ、名前は聞いたことあるけど・・興味はあるけど・・ でも実際よくわからない。
そんな方に向けて「え、ちょっとデジタルパーマかけてみようかな」なんて思っちゃう(かもしれない)ように解説していきたいと思います。

すでにデジタルパーマを楽しんでいる方、どんなものか知っている方はスルーしてくださいね笑
そんなことより私はあなたの縮毛矯正に興味があるんですけど・・・なんて方はこちらをどうぞ笑

それでは早速行ってみましょう!

デジタルパーマって普通のパーマと何が違うの?

そもそもデジタルパーマをかけたことの無い方が一番気になることといえばまずここですかね。

デジタルパーマと普通(いわゆる昔ながら)のパーマの違い

  1. 薬剤だけでなく熱の力も使ってかける
  2. 大きくてゆるいカールが長持ちする
  3. 乾いても立体的なカールが残る
  4. ダメージ対応幅が広い
  5. 根元からのウェーブには向かない
  6. 30分ほど長く時間がかかる(ことが多い)
  7. ロッドが重い笑

こんなところでしょうか。
1〜4が通常のパーマよりもメリットになる部分ですが、まずはこれらを詳しくお伝えしていきます。

デジタルパーマってメリットがたくさん♪ 傷み や 持ち の本当のところ

薬剤+熱でかけていくパーマ

デジタルパーマの場合、ロッドに髪を巻いた後にロッド一本一本にデジタルパーマの機械の線を繋ぎます。
そしてロッドを温めていく=熱を入れる行程が入ります。

そうして薬剤パワーだけでなく熱のパワーも使うことで かかりにくい髪質にもカールがつきやすくなったり、熱のパワーを使える分薬剤パワーを弱くできたりします。

CRAVEのデジタルパーマではこの特性を利用して、通常のアルカリ性のパーマ剤より髪への負担の少ない弱酸性の薬剤を「普通そんな強さ設定じゃパーマかからないよね」ってくらい薄くしてデジタルパーマを施術していきます。

今は大半の方がヘアカラーもされていますがこうすることでかなり負担を抑えて両立させることもできます。

大きくてゆるいパーマも長持ちする

「私、パーマがかかりにくくて・・・」
「できるだけ長持ちするようにかけて欲しい」
そんな風にお願いした結果、思ったより細いロッドで巻かれたり カールってよりウェーブっぽくなってイメージと違ったり・・・
そんな経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。

デジタルじゃない従来のパーマは ワンカールくらいの大きくてゆるいパーマがどうしても苦手です。(もちろん髪質とお客様のスタイリングテクニック次第ではなんとかなるかもしれませんが…)

デジタルパーマの場合 ”熱の力も使えること” ”2液をつけるタイミングで髪の毛が完全乾燥していること” により大きくてゆるいカールでも持ってくれるようになりました。

同じ髪型・髪質で 同じサイズのロッドに 同じ回転数でかけるなら通常のパーマよりデジタルパーマの方が1.5倍は長持ちしてくれます。

もちろん同じデジタルパーマ同士なら巻き込む回転数が多い方が長持ちしますが、ここはデザインに関わる部分なので「持ちをよくしたい」=回転数を増やすというのは個人的には無しだと思っています。

だって出来上がるデザインがそもそも違うものになりますから笑

デジタルパーマの場合平均して3〜4ヶ月は持つので「持ちを良くしたいから回転数を増やす」必要は無いですね。

乾いてもぷるんと立体的な弾力カール

通常のパーマだと、洗い上がりの濡れている時はしっかり出てるけど乾かすとポワポワくしゅくしゅ
だから朝起きたらまず濡らして、そこから半乾きでムースつけて・・

楽したくてかけたはずのパーマなのにけっこうめんどくさいんです。

ところがデジタルパーマの場合、乾いてもコテで巻いたようなくりっとしたカールが残るんです。(もちろんあまりに乱雑に乾かしたり、手櫛で伸ばすように乾かしてしまえば話は別ですが・・・)

なので大半の方は朝起きたらよっぽど寝癖がひどくなければそのままスタイリング剤GO!でいけちゃったりします♪

デジタルパーマの傷みってどう?ダメージ対応幅の広さって?

よく「デジタルと普通のってどっちが傷むんですか?」と聞かれることも多いんですが、こればっかりはやり方によります

下手なデジタルパーマよりは上手な通常のパーマの方が傷まないでしょうし、逆も然り。
熱という要素が入るのでそこを考慮せず薬剤パワーで攻めたり、その熱もあまりに高温でいけば「デジタルパーマの方が傷む」となります。

熱という要素が入る分傷み方の違いはありますが、CRAVEでは先ほども書いたように熱を利用することでそのままじゃかからないくらい弱い薬を使うので通常のパーマより傷む!とか一回の施術でびっくりするくらい傷む!なんてことはありません

そして、ダメージ対応幅が広いという部分ですが通常のパーマの場合髪の毛をロッドに巻いてから液体の薬をつけます。
じゃあその巻かれた髪の毛でダメージが数段階に分かれていたら・・・
どこに合わせて薬剤選定しましょう?
毛先に合わせたら根本はかからないかもしれませんし、逆だと毛先がチリチリになるかもしれません。

デジタルの場合はクリーム状の薬剤を塗布してからロッドに巻く行程に入ります。ロッドに巻く前に粘性のある薬剤を塗布する=塗り分けが可能なんですね。

もう一つ、熱を利用する分薬剤パワーを極限まで弱くできるのでパーマ液だけでの対応よりも幅は広がります。

どうでしょうか? なかなかいいこと尽くめな感じがしますね。
個人的には今可愛いって思われるゆるふわスタイルにはデジタルのメリットが最大限活きると感じます。

が、、、

デジタルパーマにも苦手な部分も

根元からのウェーブには向かない

〜というのも加温していくので地肌付近まで巻き込むと熱いです笑 そして回転数が増えるほどに熱の伝わりは弱くなるのでカールが出にくくなります。(ある程度は巻き方で工夫していますが。。)

加温時間があるのと、クリーム系の薬剤を細かく塗っていくのでちょっぴり時間がかかります

〜通常のパーマにはない行程の分時間が+されますし、全体巻いた後に液体のお薬をドバドバっとかけるわけではないのでだいたい30分は長く時間を頂いています。

ロッドが重い笑

〜もうこれはそのままなですね。通常のパーマロッドは筒状な上に軽量化と薬剤浸透効率のために穴が空いていますがデジタルロッドはロッド内部に機械が組み込まれているのでその分重たいです。
とはいえ耐えられるレベルなのでご安心を。

どんなものでも万能なものはないのでスタイルによって使い分ける感じですね。
実際にショートやメンズの方、ウェーブスタイルやくせ毛風のふわくしゃスタイルの方は通常のパーマで対応しています。

デジタルパーマがとれる原因や持ちを良くする方法、スタイリングは?

さて、デジタルパーマの特徴やメリットがお分かりいただけたところで合わせて知りたいポイントであるお手入れのコツに入りたいと思います。

施術当日は最小限のダメージで最高の仕上がりを提供するために全力で施術していきます!

翌日以降はお客様頼みなのも事実。

お手入れは大きく分けてケアとスタイリングの2つですがそれぞれ解説していきます。

そもそもパーマってなぜ取れていく?

デジタルというよりパーマ全般に共通しているんですが、薬剤と毛髪理論だけでいえば「半永久的に取れることはない」とされています。

それでもなぜとれていくのかというと
・地球には重力があり
・髪の毛は何もしなくて傷んでいってしまう
からでしょうか。

パーマは本来重力に従ってまっすぐ下に落ちる髪の毛を無理やり曲げているわけですね。

かかった直後から重力をうけている・・つまり常に少しずつ少しずつ下に引っ張られているようなイメージです。
逆に縮毛矯正の場合しっかりかかってしまえば本当に半永久的に真っ直ぐです。
これは仕上がりの形がまっすぐ下に降りている=重力に反しているわけではないからとも考えられますね。

髪の毛のダメージが進んでいくと徐々に弾力が失われていきます。

弾力がなくなってくるとそのパーマを維持することが難しくなってしまいます。

なので最低限意識していただきたいこととして
・なるべくその形でいるようにする
・ダメージの進行や蓄積を最小限に
です。

濡れたままでほっとかない、半乾きのまま寝ない、乾かすときは必ずしっかりパーマを出すようにする。

ホームケアも出来る限りしっかり行う、負担の大きいカラー(ハイトーン、ブリーチ等)をする場合はよく考えてみたり不安なら美容師さんに相談すると良いです。

このあたりでパーマの持ちにも差が出てくるのではないかと思います。

 

スタイリングの仕方ってどうなの?朝シャンとか半乾きでムースとかイヤ・・・

お次は肝心のポイント・・スタイリングですね!

どんなにメリットのあるデジタルパーマをかわいくかけてもらっても、自分で再現できなければ意味ないですからね。。。

ここさえクリアすればあとはとっても簡単、だけど慣れるまではここがちょっと難しかったり。
でも大丈夫です!コテやアイロン、ブラシとブローのような技術や道具でかなり左右されることがないので。

必要なのはドライヤーと手とやる気のみ!です笑

①まずはしっかりタオルドライ→洗い流さないトリートメントをつけましょう。

ガシガシ・ゴシゴシやってしまうとダメージの原因となり結果的にパーマの持ちにも影響してしまうので、タオルドライは髪を優しくタオルで挟み水分をタオルに吸わせるイメージで行います。

そしてダメージの進行を抑制するためにも洗い流さないトリートメントを毛先のパーマ部分につけます
CRAVEではお馴染みのヨダジェルですね。
この時に馴染ませるために手櫛等でとかしてもパーマが取れたりはしませんのでご安心を。

②まずは根元を中心に乾かしていきます。

毛先と比べて根元の髪は密度も多く動きにくいので乾きにくいです。
なのでまずは地肌をこするように根元をドライしていきましょう。
この際髪が動くことで毛先も自然に乾いていきますので、あえて毛先にドライヤーを当てる必要はありません

そしてこの際ドライヤーを持っていない方の手はあくまでも地肌をこするように。
くれぐれも手櫛を通したりしないように・・・パーマが伸びてしまいます笑

③根元から中間あたり、パーマ部分以外が乾いてきたら毛先に薄くオイルを。

ここはわりとCRAVE独特のオイルの使い方なんですが、毛先の水分がある程度無くなったタイミングでオイルを乗せてあげることでタオルドライ後にオイルをつけるよりもパサつかず質感が良く仕上がります。

またオイルの効果で髪に柔軟性が出るのでパーマが出しやすくなります。

③-2しっかり目にパーマを出したい場合、猫っ毛さんや夕方になるとだれてしまう方はソフトワックスを。

しっかりくっきりパーマを出したいな〜って日や、猫っ毛で1日通してキープできない方はオイルの代わりにワックスを。

もちろんワックスを使った場合もしっかり最後まで乾かしてくださいね。

④求める仕上がりに合わせて ねじる or くしゃっとたわませる。

ここからパーマを出して行くんですが、コロンとまとまりのある感じやコテ巻きっぽくしたければ内側に毛先をねじります
この際に軽くねじるだけでロッドサイズなりのカールになるので後はそれを支えて乾かしましょう!

たまにパーマを出したい気持ちが強すぎて笑、必要以上に捻ってしまう方がいますがねじりすぎても施術の際に使ったロッドより細かくはなりませんし内側まで風が届きにくくなるのでそこまでする必要はありません。。

もう一つ、ランダムにフワフワした感じにしたければねじるというよりは手のひらに毛先を乗せ、そのまま持ち上げてたわませます
こうして乾かして行くことで捻って乾かすよりカールの出方がランダムになってくれます。

スタイルやその日の気分で使い分けてくださいね!

⑤夜シャンなら寝る、朝シャンならスタイリング剤をつける。

夜シャンの方はここまででしっかりパーマを出して乾かしてあるので翌朝そのままスタイリング剤をつけてOKですし、朝頭を洗う方や寝癖を直したりパーマを出し直した方はそのままスタイリング剤をつけましょう。

CRAVEではオーガニックマルチバターを手に伸ばし、パーマ部分にもみ込みます。
ここはパーマが取れることを気にせずしっかり手ぐしを使ったりして馴染ませます。

全体に馴染んだら、バランスを見ながらカールを整えて完成です♪

デジタルパーマっていいね!笑

いかがでしょう?

デジタルパーマのメリットや特徴、お手入れ方法など疑問にあがってきそうなことは大方網羅しているかと思います。

かなり長文になっているんですが、これでも要点を絞ってわかりやすくまとめているつもりです。

ちなみに・・全部読むの大変だったんだから!でもいまいちピンとこないからもう一回読み返そうかな・・・なんて方。

2回目は太文字のところだけ読めば要点が把握できるようになっています!!

最初から書けよ!と言われそうですが悪しからず。。。笑

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ぜひデジタルパーマ、トライしてみてくださいね♪

 

【スタッフ募集のご案内】
私たちと一緒に楽しく美容師しませんか?
美容師の仕事が好きで好きで仕方ない方、お客様に寄り添い向き合って仕事がしたい方、とにかく人が好きな方などなど…
美容師としての成長はもちろん、プライベートとの両立、充実の福利厚生で一人ひとりの美容師人生をサポートしていきます。
面接やお問い合わせもお気軽に!詳しくは下記をご覧ください。



Iinstagramでサロンワークスタイル更新中です♪



私たちのことをもっと知ってください♪
今日も昨日明日も元気!!erinaです^^↓
https://crave-gts.net/post-4863/
ダイスケについての詳しくはこちら↓
https://crave-gts.net/post-8404
毎日素直で一生懸命な横山です↓
https://crave-gts.net/post-6592


CRAVEへのご予約方法です♪
*お電話でのご予約*
TEL:0155−28−3555

*ネットでのご予約*
Hot pepper beauty(営業時間外も閲覧可能)

*LINEでのご予約*
営業中はすぐに返信できないことが多々ございますので当日予約やお急ぎの場合は電話かネットでのご予約をお願い致します。
友だち追加数
QRコードはこちら↓

まずはお友達登録をお願い致します。
あとはトークで「ご希望日時、メニュー」を送るだけ♪
※顧客様の場合はお名前をフルネームで添えていただけるとスムーズです。
その他、前もってメニューやヘアスタイルのご相談、お問い合わせ等も可能です。
是非是非ご利用ください♪
The following two tabs change content below.
ダイスケ

ダイスケ

オーナースタイリスト
年間多数の縮毛矯正とデジタルパーマを担当する経験やメーカーの開発にも携わる知識で1人ひとりに合わせたオーダーメイドでダメージ最小限の施術を常に追求しています。 【ダメージを最小限に抑える超オーダーメイドな縮毛矯正】【とれかけまでキマるデジタルパーマ】【コテ巻きが楽になるカット】などこだわりの施術で自然体で作り込まないのにキマるクールかつ女性らしいデザイン、ライフスタイルにも似合うヘアスタイルを提案します。

 - コラム, ダイスケ, ブログ