【帯広CRAVE美容室】口コミで評判のトリートメントやナチュラルな縮毛矯正が人気の美容室♪

【大人の美髪サロン】今よりもっと艶やかで美しい髪へ

*

縮毛矯正のシーズンですよ☆そもそも僕がどうしてアルカリを嫌うのか笑

      2020/02/01

トレンド+ライフスタイルに合わせたヘア… お客様との想いの共有…

社保完備の個人店・スタッフの仲の良さが自慢の帯広の美容室 CRAVEのダイスケです。
初めましての方はまずこちらの自己紹介をご覧ください^^↓


ここ最近は縮毛矯正のことが多くなってますが今日もまた笑
といってもサロンワークではなく 個人的なこだわりの部分でも。

縮毛矯正は美容室にあるメニューの中でも特殊な部分が多く、カラーやパーマと同じように薬剤を使いつつ熱も使うわけですね。
一般的には薬剤パワーもパーアより強く熱温度もデジタルパーマより高温になります。

結果、 縮毛矯正=痛む みたいなイメージ。

まぁ薬剤使う以上ダメージってのは縮毛矯正に限らず存在はするのですが、、、。

そんな縮毛矯正におけるダメージですが 少しでもダメージを少なくしつつきれいに伸ばすにはってのをもう5〜6年は追い求めています笑
僕が縮毛矯正にこだわり始めた頃に生まれた子たちが来年には小学生ですねwww

まだ若いね〜なんて言われていた僕も30を過ぎ絶賛おっさん街道です笑

さて、縮毛矯正で主にダメージの要因になる部分をもう少し細分化すると
・還元剤によるSS結合の切断
・アルカリによる毛髪の膨潤、たんぱく質の融解
・ドライ・アイロンにおける熱と摩擦
となります。(2剤における過剰酸化とかもありますけど・・)

それぞれの役割を書き出していくと
・還元剤でSS結合を切断することでくせ状態がほぐれ、形状変化が可能になる。
・アルカリで毛髪が膨潤することで還元剤が毛髪内部に効率よく浸透することができる。
還元剤そのものもアルカリ域の方が活発に反応する。
・ドライ→アイロンによる脱水に伴い水素結合の置換と毛髪形状や面を整える。
ということなのですが

ダメージを少なくしたい!!から還元剤を弱めると・・・伸びない笑
アイロンしなかったり温度を低くしたら?・・・脱水が甘くなる。これも伸びない。
これら2つは弱くした代わりに他で補うのが難しいなーと個人的見解。

じゃあアルカリは? 対象毛がある程度の強度を持っている場合はあるに越したことはない。
けど、あるに越したことはないくらいだし対象毛がデリケートになるほどにいただけない・・・。

いただけないとはどういうことかというと・・・

髪の毛はダメージがあるほどにアルカリに弱くなるので、そのくせが伸びるのに必要な還元が行われるよりもかなり前にアルカリの限界がきてしまうイメージです。
髪の毛はアルカリによって軟化・膨潤しますから、世の中で行われている軟化チェック(縮毛矯正の1剤が反応しているかの確認)というやり方だと適正還元されていないのに「もう流さないと」ってなるんですね。結果伸びない。

また、前述したようにアルカリはたんぱく質の融解を招くので毛髪が耐えられる以上の強さのアルカリによって弾力や質感の低下…毛髪強での低下が起きます。
こうなると結果的にひっかかりやバサつき、ピンピンなストレート、ナイロンのような手触り、チリチリの毛先・・になりますね。

そんなこんなを考えながら結果たどり着いたのが 低アルカリ高還元(そしてしっかり熱を入れる) という考え方。
アルカリを必要最小限にする分還元(SS結合の切断)はしっかり行い、熱もしっかり当てていくやり方です。
他にも例えば酸性矯正やノーアイロン、低温アイロン、ウェットアイロン…など色々な考え方や技法がありますが僕には自身が施術する+サロン内での技術レベルの共有のしやすさも考えるとこれが一番しっくりくるんですね。

デリケートになるほどにアルカリは使いたくないけど、健康で剛毛なら必要最小限のアルカリがあったほうが効率よく伸びる。
それすらも酸性で、とか始めると1液加温とかウェットアイロンとかややこしくなる。。。

ブローや低温アイロンでいくなら(きっと)熱が弱い分薬剤パワーやタイムが相当要るんじゃないか?と思う。
どんなに頑張っても縮毛矯正の1剤は10~15分はおきますからねえ・・・強すぎるアルカリはタイム管理がシビア。

僕は低アルカリ高還元アイロン熱しっかり方式なので世間一般からするとかなり暴力的な温度でアイロンを入れますが、
その高温のアイロンが髪に触れている時間はせいぜい1〜2秒ですしアイロンプレートに触れた髪が温度上昇する速度もありますからね。
僕の使うアイロンは割と熱伝導がゆったりめなのでその辺も安全かと。

例えば180度で熱伝導が早いアイロンだと2秒で髪の毛自体が160度まであがる、対して200度で熱伝導がゆっくりなアイロンだと2秒でも髪の毛自体は140度までしかあがってないかもしれない。

実際に暴力的な温度のアイロンを入れてますが、アイロンを通した直後の髪を触っても「アイロンで設定した温度の割には髪の毛自体は高温になっていない」です。

こうした試行錯誤を経て完成したのが最新の薬剤レシピでございます。

すでに実際にこのレシピで施術してますが、去年までより更にアルカリを抑えたことによって圧倒的に安心感があります。

そして仕上がった時にしっかりと髪の毛そのものの弾力が残ります。

これから縮毛矯正されるお客様、ご期待くださいね^_^

【スタッフ募集のご案内】
私たちと一緒に楽しく美容師しませんか?
美容師の仕事が好きで好きで仕方ない方、お客様に寄り添い向き合って仕事がしたい方、とにかく人が好きな方などなど…
美容師としての成長はもちろん、プライベートとの両立、充実の福利厚生で一人ひとりの美容師人生をサポートしていきます。
面接やお問い合わせもお気軽に!詳しくは下記をご覧ください。



Iinstagramでサロンワークスタイル更新中です♪



私たちのことをもっと知ってください♪
今日も昨日明日も元気!!erinaです^^↓
https://crave-gts.net/post-4863/
ダイスケについての詳しくはこちら↓
https://crave-gts.net/post-8404
毎日素直で一生懸命な横山です↓
https://crave-gts.net/post-6592


CRAVEへのご予約方法です♪
*お電話でのご予約*
TEL:0155−28−3555

*ネットでのご予約*
Hot pepper beauty(営業時間外も閲覧可能)

*LINEでのご予約*
営業中はすぐに返信できないことが多々ございますので当日予約やお急ぎの場合は電話かネットでのご予約をお願い致します。
友だち追加数
QRコードはこちら↓

まずはお友達登録をお願い致します。
あとはトークで「ご希望日時、メニュー」を送るだけ♪
※顧客様の場合はお名前をフルネームで添えていただけるとスムーズです。
その他、前もってメニューやヘアスタイルのご相談、お問い合わせ等も可能です。
是非是非ご利用ください♪
The following two tabs change content below.
ダイスケ

ダイスケ

オーナースタイリスト
年間多数の縮毛矯正とデジタルパーマを担当する経験やメーカーの開発にも携わる知識で1人ひとりに合わせたオーダーメイドでダメージ最小限の施術を常に追求しています。 【ダメージを最小限に抑える超オーダーメイドな縮毛矯正】【とれかけまでキマるデジタルパーマ】【コテ巻きが楽になるカット】などこだわりの施術で自然体で作り込まないのにキマるクールかつ女性らしいデザイン、ライフスタイルにも似合うヘアスタイルを提案します。

 - コラム, ダイスケ, ダイスケの縮毛矯正, ブログ